顔の手入れ

吹き出物について

女性

ニキビとはほとんどの方が一生に一度は悩む物だと思います。ニキビがでると鏡を見るのも嫌になることが多いです。すぐに改善できれば良いのですが、なかなか治らない方が多いです。またニキビだから大丈夫だと思って放置してしまう方もたくさんいると思いますが、そのままにしておくと痕が残ってしまったりすることがあり大変なことになってしまいます。また、ニキビとは皮膚の病気でもあるのです。では、ニキビはなにが原因で発生してしまうのでしょうか。そもそもニキビはアクネ菌が原因で発生します。アクネ菌とはよく聞く名前なのですが、この菌は体の中にいつもいる常在菌なのです。アクネ菌の役割は主に皮膚に対して、他の病原菌の繁殖を抑える働きをしています。しかし、アクネ菌は酵素が少なく、皮脂が多いところでは繁殖してしまいます。そのためニキビができてしまうのであります。ニキビの原因がアクネ菌が繁殖することだといいましたがどのような状態になるとアクネ菌が繁殖してしまうのか説明したいと思います。主に、女性はお化粧をすると皮脂が一番でやすくなります。また、お化粧だけではなく、睡眠不足や不規則な生活、ストレスや乾燥なども大きく関わってくるのです。これらが重なることによりアクネ菌にとって好都合な環境になってしまうのです。

アクネ菌の繁殖を予防するにはまず食生活を見直すことが大切であります。野菜特にビタミンが多く含まれる物を取ることが大切であります。また、ビタミン以外にも腸の働きをよくしてくれる乳酸菌が入った食品や食物繊維を多く含む食品を取ることも大切であります。腸の働きが悪くなると、老廃物が溜まり吸収されニキビとして体に症状が現れるからです。それから食事だけではなく、睡眠時間もとても大切であります。夜の10時から2時まではホルモンが一番活性化されやすい時間帯と言われています。この時間に睡眠をとることでホルモンのバランスが保たれ、ニキビが改善されやすくなります。また、日常生活でなかなか気づきにくいのですが乾燥も大きな原因の一つとして考えられるため、こまめに保湿することが大切であります。ニキビがでているからといって顔を洗いすぎてしまったりすると乾燥を招きやすくなります。なので洗顔をするときも注意が必要です。また、最近では簡単に保湿できる化粧スプレーなども売っているのでそちらを購入して使用することもおすすめであります。これらの対策を行ってもなかなか改善されないときは美容外科を受診することが一番であります。もちろん市販の薬やサプリメントでも効果はあるのですが、早めに治したい方は美容外科に行くことが大切であります。美容外科では、ニキビだけでなくニキビ跡の治療を受けることも可能です。レーザーや投薬治療などで健やかな肌を形成することが出来ます。