顔の手入れ

炎症肌を改善させる

整形

知識と技術に定評のある美容整形大国として認知されている国内において、ニキビに特化した治療を行うクリニックは急増しています。脂質が分泌されて毛孔に溜まることでバイ菌が繁殖し、炎症を起こすことでニキビができてしまいますが、真皮層に対してイオン導入する美容治療により、過剰な皮脂の分泌を抑え、毛穴を清潔に保ち、炎症を抑えることで美肌を作り出すことが可能です。しかしながら気を付けたい点となるのが、炎症に効果的となるビタミンCなどの有効成分はそのまま皮膚に塗布するだけでは浸透せず、治療においても十分な効果を得ることが難しいと考えられています。そこで用いりたいのがイオン導入による美容治療で、皮膚への吸収力を高めたリン酸ビタミンCをマイナスの電気の力を巧みに使い分けて、肌の真皮層まで有効成分を浸透させることでニキビにアタックできます。また、美容整形外科においては、ニキビ自体の治療によって美肌作りを可能としていますが、利用するにあたって問題となるのがニキビ跡です。皮膚の傷跡と同様、クレーターとなってしまっている場合には完全に消したり無くすことは困難であるため、ポイントとなるのが跡にならない早めの治療が必要となる点です。

美容整形外科において、思春期のみならず大人ニキビの治療までも行っているのが特徴で、ニキビには原因や種類が数多くあり、治療方針が異なるのも特徴となります。例えば、美容治療1つ挙げても、皮脂分泌の量を抑える抑制治療をはじめ、毛包漏斗部を塞いでいる角栓を取り除いて角化異常を正常化させる治療や、アクネ菌などの原因菌にアプローチする治療などが展開されています。整形法では美しく仕上げることも重要視されており、特にケミカルピーリングによる治療が提案されており、セルフケアとしても浸透している治療法です。通常は専門医が肌状況を診察して効果的な治療を行うのですが、ケミカルピーリングの魅力は顔だけではなく、背中やお尻などのボディにできたニキビにも塗布させられる点です。ケミカルピーリングはニキビ治療に用いられるだけではなく、美白効果までを得たい女性に利用できる魅力もあり、皮膚にグリコール酸やフルーツ酸などのαヒドロキシ酸を塗布して角質を剥離させる治療法です。濃度も様々で、肌質に合わせたピーリング処方が可能となりますが、肌負担をさらに軽減したい場合にはグリコール酸主体ピーリング後に乳酸ピーリングを施すことにより、キレイな素肌を再生させることに繋げられます。