顔の手入れ

気になる症状

顔の手入れ

基本的にニキビは病気ですが、わりとメジャーな症状です。原因としては皮膚の常在菌であるアクネ菌が増殖することで発症しますが、これには男性ホルモンの影響で皮脂の分泌が盛んになり、毛穴がつまることでアクネ菌が増殖してしまうといった現象からもたらされます。そのために対処方法としては肌を清潔にすることはもちろん、肌の健康に関係している睡眠不足や不規則な食事、ストレスといったものを改善することも効果的と言えます。ちなみにファンデーションなど直接顔に塗る化粧品に関しては、毛穴がふさがるためにアクネ菌が増殖しやすくなります。よって化粧は帰宅したらすぐに洗顔して落とすようにしてください。またこれら以外にも、肌の乾燥や汗なども原因となるので注意しましょう。そしてニキビができてしまったなら、セルフケアとしてはドラッグストアの医薬品や、スキンケア商品を利用するという方法があります。ただしドラッグストアにはたくさんの種類が取り扱われているので、どれを使えば良いのか悩むような場合は、病院の美容外科などを受診して、医師からの適切な治療を受けるようにすると良いでしょう。ニキビは疾患なため、病院でも治療は可能ですし、セルフケアよりも効果は期待できます。

ニキビは顔にもできるために目立つので厄介です。それゆえにできる前に予防してしまうのが一番です。ニキビの予防法としては、やはり洗顔が大事です。正しい洗顔方法で肌を綺麗に保つことで、ニキビ予防につながります。また時々肌のターンオーバーを促進させるために、ピーリングなどを実施するのも良いでしょう。他にも規則正しい生活や栄養バランスの良い食事、ストレスを溜めこまないといったことなども大切ですし、抗酸化対策や紫外線対策なども効果が期待できます。そしてこういった方法よりも難易度が高いですが、男性ホルモンの分泌を抑制するという方法もあります。ただしホルモンバランスをコントロールすることは難しい上に必ずしも安全と言い切れないために、よほどひどい症状で、医師の許可がない場合は避けた方が無難な方法でもあります。また間違ったケア方法として、目立たなくするためにニキビをつぶしてしまうという方法があります。これは感染の原因にもなって健康な皮膚まで傷つけてしまうことなり、ニキビ跡を残すことになりかねませんので改めた方が良さそうです。そしてセルフケアも良いのですが、ニキビには専門的なガイドラインも存在していることから、医療機関での治療を受けるのも良さそうです。